スポーツ

評論家ペナント予想、有藤通世「一筋予想」

現役時代、ダイナミックなプレーでファンを魅了した「ミスターロッテ」といえば有藤通世氏だ。古巣を第三者的に予想すれば最下位だそうだが、「OBとしてそれはできない」として5位予想。では、その他は。*セ・リーグの本命は有藤氏も巨人で動かず。オープ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

掛布雅之、阪神メッタ斬り「外野の守りは昨年と雲泥の差」

西岡、福留孝介の大型補強に大型ドラ1右腕・藤浪晋太郎の入団も話題になっています。西岡が二塁に入ることで武器になるのが、遊撃・鳥谷との守り。これは中日の「荒木・井端」に匹敵する強力な二遊間になる可能性があります。ある年の阪神と中日が競っていた…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

レスリングVS野球、五輪蹴落とし合戦「伝統に甘えた古臭い競技だ」

吉田の奔走ぶりを冷ややかな目で見ていたのは、08年の北京五輪を最後に競技として除外され、2020年大会で復帰を目指す「野球」だった。五輪競技は男女双方によるものが望ましい、というIOCの考えのもと、国際野球連盟は今年、国際ソフトボール連盟と…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
エンタメ

ワンピース、座頭市キャラの波紋「重病説もささやかれたが…」

故松田優作(享年40)、田中邦衛(80)、菅原文太(79)に似た登場人物について、単行本内でモデルがこの3人ではないかと指摘された尾田氏は単行本内で、〈はいはい。全員あたりです。(中略)なぜこの3人かと言うと、単純に僕が好きなだけです(後略…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , |
エンタメ

武論尊、北斗の拳「ケンシロウは一番書けない」

──基本的には思いつきで始めたことにだんだんリアリティをつけていく作業だったんですかね。胸の7つの傷にしても何も考えないでつけてたみたいだし。武論尊あれは完全にファッションとして、「つけといてくれ」って。それがあとで、「何だ、シンがつけたこ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(5)「天守閣に押し寄せた人の波」

庄野が初めてランクインした78年は、歌謡曲とニューミュージック系の壁が取り払われた感がある。庄野のほかにも八神純子、渡辺真知子、サーカス、原田真二、世良公則&ツイスト、そしてサザンオールスターズが台頭。華麗なビジュアルも含め、テレビは積極的…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
エンタメ

大人のTPP、翔田千里が世界に羽ばたく

藤木氏がモザイク撤廃の可能性を解説する。「ワイセツの根拠とされているのは55年のチャタレイ裁判の判例です。裁判官が『ワイセツだ』と決め、慣習化しただけで、定義や具体的根拠はありません。根拠がないのにモザイクを保護するのか? とアメリカから突…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
スポーツ

掛布雅之、阪神メッタ斬り「20本塁打するマートンを…」

得点力不足が叫ばれた昨年のタイガースですが、それはしっかりとした「打線の間」が作れなかったことにあります。右肩を負傷した金本を強引にレフトとして出場させたのも、和田監督が打線の「間」を必要としていたからですね。本来、投手との勝負において、打…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

レスリングVS野球、五輪蹴落とし合戦「勝手な連れ回しに怒った澤」

2020年・東京五輪招致運動の最中、3月上旬にIOC評価委員会が来日調査を実施した。だが招致そっちのけで繰り広げられたのは、除外候補競技同士の醜い内ゲバ。「残り1枠」に食い込もうと「対抗馬」を潰しにかかったのである。いったい何やってんだか。…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

評論家ペナント予想、伊原春樹「知将予想」

WBCの惨敗など遠い過去の話で、いよいよ日本プロ野球の今シーズンが開幕する。セ・パともに本命の優位は動かないようだが、評論家各氏はそれぞれ真逆の意見も飛び出すほど、熱い順位予想を展開したのである。12球団のキャンプを精力的に視察し、オープン…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
エンタメ

大人のTPP、モザイクこそが貿易障壁だ

ついに安倍総理がTPPへの交渉参加を発表した。さっそく発表された試算では、日本製自動車などの輸出で2.6兆円もプラスになるという。日本が誇るアダルト業界もまた、下半身を巡る日米貿易戦争へと突入。新たな輸出品目として米国のマーケットを占拠する…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , |
エンタメ

武論尊、北斗の拳「1冊の資料で“秘孔”を作る」

──「北斗の拳」のイメージも大きいですけど、もともと原哲夫先生が「フレッシュジャンプ」で描いた読み切りがあって、それをあそこまで膨らませたのが武論尊先生なわけですよね。武論尊そうそうそう。2本ぐらい読み切りを描いてたんだよね。それを見せられ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(4)「聖子に用意した母の弁当箱」

70年代とは、各テレビ局に歌番組が割拠していた時代だ。それぞれの特性を生かした番組作りを競ったが、後発に当たる「ザ・ベストテン」だけが社会現象となる視聴率を獲得したのはなぜか? その答えの一つに、斬新でありながら、歌手との信頼を損なわない「…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , |
エンタメ

ワンピース、座頭市キャラの波紋「映画にあったシーンと類似」

“真相”がまことしやかに流布され、騒動として拡大していった背景には伏線があった。勝に激似のキャラが登場する4年ほど前から、故松田優作(享年40)、田中邦衛(80)、菅原文太(79)と、やはり名優3人に酷似したキャラが…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , |