内閣総理大臣

政治

歴代総理の胆力「浜口雄幸」(2)惜しむらくの「根回し」術欠如

そうしたさなかの昭和5(1930)年11月14日、浜口は東京駅で右翼青年の狙撃を受け重傷を負った。犯人の供述は「現内閣が潰れれば、もっとよりよい内閣になる」というものだった。狙撃された直後、浜口は同行していた外務大臣の幣原喜重郎(しではらき…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「浜口雄幸」(1)厳めしい風貌から「ライオン宰相」と呼ばれた

高橋是清が内閣改造で行き詰まり政権を投げ出したあと、政権は加藤友三郎(かとうともさぶろう)、清浦奎吾(きようらけいご)、加藤高明(かとうたかあき)、若槻礼次郎(わかつきれいじろう)、田中義一(たなかぎいち)が次々と担った。加藤(友)は「不戦…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「高橋是清」(4)「是清流」現代サラリーマン講話

こうした高橋の生き様、とりわけ転職歴20数回の中で培った“教訓”は現代サラリーマン必読の講話となって残っている。『是清翁遺訓』『随想録』から、名語録を挙げておくことにする。「仕事を本位とする以上は、その仕事がどんなであろうとも、いかに賤しく…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「高橋是清」(3)「蔵相としての手腕はAクラス、総理としてはゼロに近い」

生まれて数日後に里子に出され、少年期に語学と文明を知るために米国に渡ったものの「奴隷」として売り飛ばされる寸前で難を逃れた。帰国後は、東京・日本橋の芸者の「箱屋」として、遊蕩生活、さらに生来のヤマッ気からペルーで銀山経営に乗り出したが詐欺に…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「高橋是清」(2)評価「蔵相Aクラス、総理0点」

しかし、どこにあってもダイヤモンドは光る。結局、引き上げられて、日銀副総裁、最後は総裁にまでのぼりつめた。ここでは、特に日露戦争の際にそれまでの培った外国人人脈を頼り、戦時国債を大量に売りさばいて軍事費捻出に貢献したのだった。次はいよいよ、…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「高橋是清」(1)性格や見た目から「ダルマ宰相」と呼ばれた

失敗なんとも多きの波乱万丈の前半生を送り、請われて総理大臣のイスに押し上げられ、その前後、都合7回も大蔵大臣に就任し、「わが資本主義史上の最高の財政家」と謳われた高橋是清は、まさに七転び八起き、その丸々とした恰幅のよさと陽気で大らかな性格と…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「原敬」(4)政権「10年遅かった」と無念の弁

その原は、最期はわが国現役総理大臣初の暗殺事件の中で命を落とした。この事件は、折から原はやがて天皇となる皇太子(のちの昭和天皇)には国際的見聞も必要と外遊案を打ち出したが、これに皇后が反対、さらに右翼陣営も反発という論争の中で起こった。大正…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「原敬」(3)原政権の誕生は時代の流れの象徴だった

わが国の政党政治の立役者にして、抜群の政治力を発揮した原敬の本格的な社会への第一歩は、新聞記者から始まった。「郵便報知新聞」「大東日報」の記者をやる中で、フランス語の堪能さと人一倍の努力家が買われ、外務省に採用された。ここで出会った人物が、…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「原敬」(2)「食事改善要求運動」で退学処分!

また、原もその田中も人心収攬術にたけていたが、共通したのは“使える”と思った人物に対しては、フルネームで名前とその経歴を頭に叩き込んでいたことだった。田中が官僚に対してそれを駆使し、縦横に大蔵省などの役所を動かしたように、原も自分を衆院選で…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「原敬」(1)リーダーシップは歴代トップクラス

「およそ世上の事物、その政事たると否とを問わず、非難すべきこともこれあれば、賛成すべきものもこれあるべし」「およそ──」の言葉は、わが国初の「平民宰相」と謳われ、一方でわが国初の本格的「政党内閣」を率いた原敬の政治姿勢が如実に表れている。こ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「寺内正毅」(2)日本初の生活保護政策導入

一方、寺内の素顔は、若い頃は戊辰戦争、箱館・五稜郭の戦いに従軍、近衛第一連隊中隊長として従軍した西南戦争で田原坂(たばるざか)の激戦で右上腕部、右鎖骨に銃弾を受け、以後、右腕の自由を失うなど、勇猛果敢な人物であった。しかし、こうして軍人とし…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「寺内正毅」(1)「ビリケン宰相」と呼ばれた理由

前任総理の山本権兵衛が「帝国海軍の父」だったのに対し、こちら寺内正毅は元老・山県有朋が基礎を作った帝国陸軍を確立した人物であった。しかし、陸軍元帥までのぼりつめ、陸軍大臣を三つの内閣で経るなど軍人としては一級だったが、総理大臣としてはあまり…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「山本権兵衛」(2)妻は品川遊郭出身の元遊女

その後、山本は予備役に編入され、政治活動から離れていたが、約10年後、時の総理大臣の加藤友三郎が死去、お鉢が回ってきての第二次内閣の組織ということだった。しかし、ここでも山本はその力量の高さに比べ、「運」のなさにつきまとわれた感があった。巡…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「山本権兵衛」(1)一目置かれる高潔な人物

それまで陸軍の従属的立場だった海軍を、リーダーシップを発揮、数々の改革を行って地位向上を実現した「帝国海軍の父」がこの山本権兵衛だった。その意味では、帝国陸軍生みの親として抜群のリーダーシップを発揮した山県有朋とは、明治期軍政の“龍虎”と位…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |