読売新聞

芸能

航空機にペット同乗はアリかナシか論争で…バッシングされた石田ゆり子に学ぶ「ネット鎮火術」

能登半島地震に羽田空港炎上事故、そして田中角栄邸の火事と、元日から不穏な出来事が続いている日本列島。中でもリアル社会の人間関係にまで影響を及ぼしているのが「飛行機のペット同乗」論争だ。発端は1月2日に起きた、羽田空港の日航機と海保機の衝突炎…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
スポーツ

【箱根駅伝】青学大・原晋監督が「闇」を発信する「非・選手ファースト」なカネ回りの構図

節目の100回目となった箱根駅伝で、青山学院大が2年ぶり7度目の総合優勝を果たした。「青学が創立150周年、私が監督就任20年、箱根駅伝が100年、この3つのタイミングで優勝させていただいことに本当にうれしく思います」と、青学大の原晋監督も…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

【禁断の補強】巨人が阪神から2選手を獲得した「カネで釣れない」背に腹事情

巨人が今季まで阪神に所属した助っ人、カイル・ケラー投手との契約合意を発表した。すでにこのオフ、阪神からは現役ドラフトで馬場皐輔投手を獲得しており、ライバル阪神に在籍した選手を翌年に巨人が2人も補強するのは2リーグ制になって以降初めて。「38…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

巨人・原監督が渡辺恒雄主筆を裏切った「読売新聞の発行部数」が左右する去就

2年連続4位が確定した巨人。今季の原巨人は1度も2位以上につくことなく、最高順位は3位。それどころか4月には単独最下位に落ちたこともあった。開幕前、原辰徳監督は「選手層が厚くなった。過去最高の練習ができた」などと胸を張っていたのだが…こうな…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
政治

「身内」が罵り倒す!岸田総理が大ショックを受けた「LGBT法案」の「これは何事か」「筋違いも甚だしい」最低評価

岸田文雄総理は6月13日の記者会見で、今国会中の衆院解散・総選挙の可能性について「諸般の情勢を総合して判断する」と述べ、含みを残した。これまで「今、解散は考えていない」としてきただけに、永田町では解散に打って出るとの見方が一気に広がった。と…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
政治

岸田官邸では「別格扱い」の読売新聞が書いた「いつやってもいいと思っている」解散総選挙をめぐる「密談」

岸田文雄政権をめぐる重要な情報は読売新聞を見ていればいい…というのが永田町の定説だ。読売新聞を率いる渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆は岸田首相の父・文武氏と旧制東京高校時代の同級生であり、岸田首相は渡辺氏の開成高校の後輩にあたる。…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , |
スポーツ

秘かに浮上…栗山英樹と原辰徳「侍ジャパン監督⇔巨人監督」交換トレードという「一石三鳥プラン」

侍ジャパンを率いてWBCで優勝に導いた栗山英樹監督が、5月31日に退任を迎えた。その後任候補をめぐり、様々な候補者の名前が浮上しているが、「なんと巨人の親会社たる読売新聞社が、原辰徳監督を押し込むつもりだというのです」(球界関係者)スポーツ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
政治

G7広島サミット「核軍縮ビジョン」を猛批判した被爆者と読売新聞の「矛盾と現実」

ウクライナのゼレンスキー大統領のサプライズ訪日もあった広島G7サミットで、目を疑う記事が出た。最終日の5月21日に配信された読売新聞の〈カナダ在住の被爆者サーロー節子さん「広島で開いた意味がない」…G7首脳声明を批判〉がそれだ。〈核兵器の非…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
スポーツ

巨人・秋広優人が覚醒したのは首脳陣が余計な口出し指導をやめたから

巨人の秋広優人が躍動している。5月18日のヤクルト戦では2回、サイスニードから三塁打を放ち、6回にも大西広樹のチェンジアップを右中間に弾き返し、二塁打。5打数2安打で打率を3割5分3厘にまで上昇させ、ヤクルト3タテに貢献した。球界OBが語る…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
社会

読売新聞CMで浮上した「メタバースは見るもの? 行くもの?」問題と「仮想集団凌辱」被害

読売新聞の小学生向け「読売KODOMO新聞」が、ポケモングッズをもらえる「新入学・進級キャンペーン」を展開中だ。ピカチュウと一緒の女の子がメタバースに興味を持ち、「行ってみたいなぁ」と父親に話すテレビCMも放映中だが、そこである疑問が浮上す…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

巨人・原監督が露呈「地に落ちた威光」で読売本社が迫る「更迭」の大ナタ

ついに背水の陣で臨む時がやってきた。巨人・原辰徳監督は今年で監督通算17年目。3年契約を更新した昨季は5年ぶりのBクラス4位に転落し、巨人では同一監督で初の2年連続負け越しという屈辱を味わった。にもかかわらず、「進退問題」は一切なし。その理…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
社会

読売新聞掲載の「40代既婚者男性からの恋愛相談」がネットで騒然!

読売新聞朝刊生活面に連載中の人生相談コーナー「人生案内」の12月13日掲載分がネットを騒然とさせている。事の発端はツイッター上で該当記事の切り抜きとともに、「既婚の40代男性が職場の20代女性に恋してしまってどうしたらいいかと人生相談したら…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
スポーツ

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<渡辺恒雄・読売新聞主筆>衰えない球界への影響力

球界で「独裁者」との声まで上がるのは、読売新聞グループ本社代表取締役主筆・渡辺恒雄氏(90)だ。昨秋の野球賭博による醜聞もなんのその。向かうところ敵なしである。9月1日夜、渡辺氏は複数のマスコミ幹部とともに安倍晋三総理(61)と会食を行った…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞だけ?全国紙「伝説の大誤報」を総括大研究!(2)誤報は付き物でもしっかり検証を

また、産経は昨年10月、電子版号外で「村上春樹氏のノーベル賞受賞」を配信。もちろん、ノーベル賞候補ではあるが、村上氏はいまだ受賞していない。他にも93年11月に、産経は大昭和製紙副会長を直撃し、コメントを掲載した。ところが、後日まったくの別…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |