芸能

ボビー・オロゴン「格闘技は15分の試合が15年に感じた」

 ボビー・オロゴンが突如、K-1のリングに登場したのは、04年のこと。格闘技の素人が、売り出し中のキックボクサーだったシリル・アビディ相手に大健闘。みごと勝利をあげたのだ。翌05年には元横綱・曙にも判定勝ち。類いまれな格闘技センスは、どう育まれたのか。

 ボビーの格闘技デビューは、いきなり決まった。試合当日6日前、シリル・アビディの対戦相手だったマイク・ベルナルドが負傷欠場。そこでボビーに白羽の矢が立ったのだ。

「(試合前は)鍛えてないです。勝つ自信もなかったよ、奇跡です! 周りからは『死なないでね』と言われてたし、自分の中でも9対1で負けると思ってました。世の中は何が起こるかわからないね~。(総合格闘技ルールでの)5分3Rの15分間、ファイターは15年以上に感じてるって説、知ってますか?だから1秒1秒が長くて『いつ終わるんだよ~』っていうのが本音(笑)。でも格闘技に重要なのはハート、ガッツね。体力とテクニックだけじゃ勝てない。気持ちが負けたら相手にも負けるから、相手と闘うっていうより自分と闘うんです」

 その格闘技に対するポテンシャルの高さは、はからずもデビュー戦で証明されたが、もともとケンカは大の苦手だった。

「小さい頃からケンカも嫌い。でも負けることはもっと嫌い。自分に負けることが相手に負けることにつながる。相手に負けることは試合に負けること。試合に負けることは人生に負けることにつながる。人生に負けたくないでしょ?

 だから勝つために必要なのはガッツです。ウチの子供たちにも闘うことの大切さを教えるために、バスケもサッカーも鬼ごっこも、オレ本気でやりますよ。お父さんは強いんだって威厳を見せないと‥‥威厳、ありませんけど(笑)」

 K-1デビュー前には、元ボクシングWBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏からボクシングテクニックを伝授された。それからのつきあいは今でも続いている。現在公開中の映画「MOON DREAM」で、本名の近田ボビー名義として、初監督・初主演を務めたが、そこにも格闘家に対するリスペクトが込められている。

「試合前にスパーリングの相手をしてくれた竹原慎二さんと、格闘技の先輩、ガッツ石松さんにも出てもらいました。『日本は夢と希望がある国だよ』と伝える映画です。オレはタレントとか格闘家とか肩書持ちたいと思ったことはないの。常にフリーターのスタンスを崩さない。そのほうがチャレンジ精神を忘れないから」

 現在は、格闘技のほうは休業中だが、チャンスがあれば、もう一度リングに立ちたいという。

「もちろん! 一度格闘技をやると病みつきになるから、オレも死ぬまでやめられない。次は闘争本能が燃えて『もす!』って言えるようになった時かな(笑)」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり