王貞治

スポーツ

広島カープ「25年ぶりV」へのイケイケベンチ裏肉声!(3)2位巨人は内部に亀裂が…

不評助っ人の中でもとりわけ、右肩痛で開幕に間に合わず、一軍合流を果たしたのが6月末だったマイコラス(28)は、チームのムードを悪くしている。「昨オフに2年契約を結んだせいで、図に乗っておかしくなりましたね。右肩痛も“仮病疑惑”が根強くささや…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

孫正義が画策する“野球世界一”を決める「クラブ・ワールドカップ構想」

広島・黒田博樹(40)の復帰フィーバーで盛り上がったプロ野球は、一転して黒田の「電撃引退」という激震に見舞われそうだという。「しかもシーズン中に。あと7勝に迫った日米通算200勝を達成目前にしても、です。黒田はメジャー時代、『1カ月契約、週…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
芸能

秋元康に説教、王貞治に反論、ファンと口論…HKT48指原莉乃の「言い返す力」

1月11日、トークアプリ上でAKB48の総合プロデューサーに対して、「今回は笑えん」と怒りを露わにしたHKT48の指原莉乃。「発端は、秋元氏がトークアプリ『755』で、指原とAKB48の峯岸みなみが六本木で男性と食事をしていたことを書き込ん…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
スポーツ

ソフトバンク 「豊富な補強資金&王貞治氏」で今年も大型補強連発

一昔前であれば、巨人の代名詞だったはずの「大型補強」が、今やソフトバンクの専売特許である。工藤公康新監督(51)のバックアップ態勢も完璧。今年も派手にやるようで‥‥。メッツ・松坂大輔(34)の日本球界復帰が騒がれている。11年に右肘にメスを…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

“王の55号呪縛”ワルあがき大暴論(3)姑息な敬遠は王さんの記録を汚すだけ

またぞろ騒がれている“敬遠問題”についても、前出・徳光氏はこう釘を刺すのだ。「王さんの世界記録であるホームラン868本はとてつもない数字です。当然、バレンティンは超えられないでしょう。でも、王さんの記録で忘れてはいけないのが四球数、2390…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , |
スポーツ

“王の55号呪縛”ワルあがき大暴論(2)ビリのチームのホームランは価値がない

今回の事態を王氏の全盛期を知る巨人ファンたちは、野村氏同様、悔しさを込めて率直に語るのか。それとも、張本氏のように寛容な態度でいるのだろうか。毎年、キャンプ地に視察に行くほどの“G党”で知られる落語家のヨネスケが話す。「1964年(昭和39…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , |
スポーツ

“王の55号呪縛”ワルあがき大暴論(1)野村克也「バレンティンの記録更新“おもしろくない”」

“助っ人外国人”は、日本人にはないパワーを期待されて海を渡る。しかし、そのパワフルな打棒を振るうと、今度は「外国人が『世界の王』の記録を破っていいのか?」と批判を受ける。今回も、大物OBの意見が真っ二つに分かれるなど、「55号問題」が勃発し…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , |
スポーツ

掛布雅之「バックスクリーン直撃談」特別編(2)プロの投手として敬遠は屈辱

あくまでも野球はチームの争いです。その中でチームを背負った選手同士の勝負が光ってくる。江川とバースの戦いはまさにその象徴なのです。僕も阪神のメンバーとしてベンチで2人の戦いを見ていましたが、自分の成績をどうにか3割に持っていきたいという思い…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

今だから明かす“記録阻止”の闇真実(3)大きなプレッシャーがカブレラの記録更新を封じた

ローズ敬遠の残像がまだ焼き付いている翌02年、苦汁をなめたのは西武のカブレラだった。55号で日本記録に並んだ直後に対戦したのは、またしても王ダイエー。ここまでくると、仕組まれた因縁なのでは、と思いたくもなる。01年に西武作戦コーチとしてロー…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

バレンティン「チームメイトが総スカン悪行状」(3)厳重注意のあとも“悪行ぶり”は健在

バレンティンがナインの不評を買う原因の一つは、試合中の態度にもあった。例えばこんな具合である。昨年4月1日の巨人戦、2回の守備でレフト前への打球を緩慢プレーで後逸。6回には一塁走者として相川亮二が放ったライナーで飛び出し、併殺になった。これ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

掛布雅之「バックスクリーン直撃談」特別編(1)バースとの勝負に見た「江川の意地」

王貞治氏のシーズン本塁打55本から今年で49年。プロ野球選手にとってこの数字は大きな壁であり続けた。かつてその記録に挑んだ阪神のランディ・バースと、敬遠せずに立ち向かった巨人・江川卓との名勝負の舞台裏を、本誌連載「バックスクリーン直撃談!」…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

今だから明かす“記録阻止”の闇真実(2)ローズ「やっぱり俺は外国人なんだ」と思い知った

「バースの悲劇」から16年。歴史はまた繰り返された。01年の近鉄のローズである。9月24日の西武戦で松坂大輔から55号を放って日本記録に並んだ時点で、残り試合数は5。近鉄は26日のオリックス戦でリーグ優勝を決めたあと、ロッテ戦を挟み、ダイエ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

バレンティン「チームメイトが総スカン悪行状」(2)練習しないでツイッター三昧

50年の時を経ての記録更新となれば、大騒動となるのは必然。だがマスコミはともかく、意外にも、チーム内に祝福ムードは漂っていないという。いったいなぜなのか。「実はヤクルトナインは皆シラケているんですよ。『アイツなんかに(56号を)打たせたくな…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

今だから明かす“記録阻止”の闇真実(1)85年阪神戦“バースへの四球攻め舞台裏”

振り返れば過去3度、あと一歩で涙を飲んだ事例がある。いずれも外国人選手だったこと、そして四球攻めが行われたことから、そこに「記録死守」の強い意思が介在したとも言われる。「聖域超えの壁」はいかにして立ちはだかったのか。当事者が闇の真実を明かす…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |